読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私、学生でして。

都内で学生やっております。地元愛はなかなか強めです。

地方出身者が戸惑う都会の電車事情とは?

コラム

 

快速電車、連絡、通過待ち。都会にお住いの皆様には聞き馴染みがあるこの言葉、あなたに馴染みはあるでしょうか?

私自身、地方出身者ということもあり上記の言葉たちは上京したての頃はハテナでいっぱいでございました。

そう、都会の電車は地方出身者がぶつかる初めての壁といっても過言ではないのです‼︎

そこで今回は地方出身者が戸惑いがちな都会の電車事情を見ていきましょう!

私自身が経験したエピソードをふまえていきますので、ご了承ください!

  

 

 

1.混雑

 都会の朝といえば電車の混雑ですよね!

 本数が多いのにもかかわらず通勤・通学ラッシュや帰宅ラッシュにはどの電車も大変混雑します。これも電車慣れしていない地方出身者はただただ驚くばかりです。

ホームにあふれんばかりの人、人、人。

学生時代に体育でやった集団行動は、整列乗車をするために練習していたのかというくらい、ぴしっと並ぶ人々にこれまた感心してしまいました。

地元にも整列乗車文化はあるが、そもそもひとがいない。

 

そして、ドアが開くと同時に始まる席・ポジション取りサバイバル…。あの瞬間、乗客たちの目つきは一瞬で変わり、狙った獲物(席)を逃さない。その時の乗客たちは、フ◯ーザ様もビックリな戦闘力に違いありません。新入りハンターの地方出身者も徐々に成長し立派なハンターになっていくのです。

 

 

 

2.急行?快速?特別快速???

 私が上京して、最も戸惑ったのは各鉄道会社が運航している急行電車や快速電車といったもの。地元では乗った電車は基本的に各駅に止まるのです。

ですから、このシステムを知った時に地方出身者は

「急行?準急?快速??なんぞや??」

と駅のホームでハテナだらけになります。

(そもそもどの電車が一番速いのかもわからない。)

 

初めて乗る路線で

「まってww目的の駅通り過ぎたんだけどww」なんてことが本当によく起こります。

 

私が上京したての頃は

「どの電車がどこの駅に止まるのか、わかりやすい表が欲しいし、もっと増えてくれたらいいのに…!」なーんて思っておりました。

鉄道各社の関係者様、ご検討お願いします(笑)

 

ひとつ面倒だと思ったのが、通過待ちです。

通過待ちとは先発の電車が後発の電車に抜かれるときにおこる現象で、片道2本線路がある駅で行われます。

私が住んでいるのが各駅停車の電車しか止まらない駅なので、ほぼ毎回通過待ちがあります。その時間が面倒だなあと思ってしまいます。

仕方がないことですけどね(-"-)

 

 

 

3.改札多くない?

都会の大きな駅には多数の改札口が存在します。

1日の平均乗降者数が世界一多い新宿駅には、大量の改札口が存在します。それに加え私鉄の改札や乗り換え専用改札やら、とりあえず改札がたっくさんあるのです。

田舎ですと改札は基本的1、2個ですから改札がたくさんあるとプチパニックです。

上京して1年半経ちますが、まだ迷います。

 

〇〇駅の〇〇改札出たところに集合ね!と待ち合わせ場所を決めても、上京したての地方出身者はとりあえず電車から降りて1番近い改札から出てしまい、

「ココはどこ?」

となる状況に陥ります。

 

私自身、同じく上京組の友達と渋谷駅のハチ公前に待ち合わせをした際、(ハチ公前は都会っぽいから)

みんなして出てきた改札が異なったために1時間以上出会えなかった経験があります。(笑)

 

ですから、待ち合わせ場所に行くためにはどこの改札が近いのか事前に調査することをオススメします。

上京組は、改札は1つしかないという固定概念は捨てましょう。

 

 

 

いかがでしたか?

故郷から出てきた地方出身者の苦悩がお分かりいただけたでしょうか?方向音痴の方もひょっとしたら当てはまることがあったのでは?

4月頃駅でキョロキョロしていたり、困っている子がいたらぜひ、みなさん優しく対応お願いいたします‼︎

 

長くなりましたが、本日はこのへんで!

読んでいただきありがとうございます!

 

 

1人暮らしの一コマ〜洗濯の一コマ〜

コラム

こんばんは!お盆休みですね!

大学生の中には故郷から上京し、一人暮らしをしている日も多いのではないでしょうか。私もそんな1人です。そこで一人暮らしの一コマをご紹介します!紹介することが多いので何回かに分けてお届けします。実家暮らしの皆さんは「へぇ〜そうだったのか」、一人暮らしの人は「あるある〜(笑)」となること間違いなしです!
今回は家事の一コマ!一緒に見てまいりましょう。

 

やはり、一人暮らしをすれば自分のことは自分でやらざるを得ません。掃除、炊事、洗濯、公共料金の支払いや、宅配の受け取りなど日々生活することの大変さを実感します。
今回は洗濯を取り上げていきましょう!

 

 

洗濯
私がもっとも嫌いな家事です。
なぜか。洗濯には大きく分けて3つの作業があります。①洗う ②干す ③たたむ、この3つです。

 

 

①洗う


今の洗濯機は有能です。洗剤と柔軟剤を入れ、ボタンをピッとやるだけです。そうなのですが、洗う時間がなんとも微妙なのです。

だいたい10〜20分くらいで洗い上がります。ボタンを押す時までは洗濯をする気満々なのですが、いざスイッチを押し、「空き時間テレビでもみよ〜」なんておもったら最後、テレビに集中して、出来上がりを知らせるアラームにイライラし始めます。

自分でスイッチ押したのにね!!自らの洗濯やる気チャンネルを洗濯機様の仕上がりに合わせることをオススメします!これに関しては機械に支配される他ないのです。

 


②干す


テレビが見たいのに、スマホいじりたいのに…‼︎洗い終わった洗濯物はさっさと干さねばなりません。

しわになるからです。ここでめんどくさいのが干し場所と量をうまく配分することです。

一人暮らし用の部屋にはベランダがないところも少なくありません。

部屋の中に干すにしてもそんなに多くの量は干せないのです。

仮にベランダがあっても今度は天気との兼ね合いを考えなければなりません。

頭を使わないといけません。そして天気をいちいち気にするようになります。

梅雨の時期は本気で晴れの儀式を行います。主婦か。我は主婦なのか。

 


③たたむ


私の場合ですが、こまめに洗濯する方ではないので一気に干して、一気に取り込むので大量の衣類が私を待ち受けます。

ベットの上でテレビを見ながらたたみます。集中してたためば10分くらいで終わるのに、テレビに集中してしまい手が止まってしまうことが多いです。

ものすごーーーく時間がかかります。たたみ方とかこだわる人は本当にこだわるので、一人暮らしの友達のお家に訪れた時に「手伝おうか?」などと軽々しく言ってはなりません。

逆にイライラさせかねないのです。

この状況はよくお母さんが洗濯物をたたんでいるときにも見られる現象なので実家暮らしの方は十分に注意しましょう。

 


一人暮らしの洗濯はこんな感じです。

一連の洗濯を終えるまでかなりの時間と労力が必要なのです。

中には洗濯のプロフェッショナルもいるので一概には言えませんが、一人暮らし勢の「洗濯してて遅れちゃった★」という遅刻の言い訳も少しは大目に見てあげてください!

逆に一人暮らしはこの言い訳を本当じゃなくてもガンガン使っていきましょう!

 

 

 

長くなりましたが読んでいただきありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

はじめます

その他

 

はじめまして。

まず、ご訪問いただきありがとうございます‼︎

わたくしの簡単なプロフィールをご紹介です。

タイトルにもある通り、わたくしは現在都内の大学に通っている学生です。

出身県は群馬県。あの有名な群馬県です‼︎

え、どこ?と思った方はいますぐググりましょう(笑)

地元を出て一人暮らしをしています!

サークルはフリーペーパーをを作成する団体に所属していて、そこで文章を担当しております。( ´ ▽ ` )ノ

 

 

趣味はそんなにありませんが、

一眼レフを半年前に買ったので、1人で都内へでかけてパシャパシャ撮っています。

もちろん、いまはまだ趣味程度です。

 

このブログでは、文章を書く練習も兼ねているのでコラムだったり、旅の記録だったり、日常のことだったり統一感がないこともあると思うのでそこはご了承いただきたいです(ーー;)

 

では、本日はこのあたりで!